読書会カフェ*秋* 2019.11.29


テーマ:”ちょっと昔にタイムスリップ”
昭和の雰囲気を味わえる小説や、誰もが一度は訪れたことがある”だざいふえん”のフォトブックなど、ちょっと懐かしく感じられる本を紹介。タイムスリップしたい時代は? などの話も行い、とても和やかな朝の読書会となりました。

 

<紹介された本>
〇『ぼくらの七日間戦争』宗田理/著 角川書店 1985年【SNソ】
 ”この作品は1985年に文庫書き下ろしで出版され、1988年に宮沢りえさん主演で映画化されました。大人になって再読したとき、子どもの頃の視点からだいぶ変わっていたことに気がつき、時の流れを感じました。

〇『売り声図鑑1~3』宮田章司/文 瀬知エリカ/絵 市川寛明/監修 絵本塾出版 2018~2019年【384】
〇『蒲生邸事件』宮部みゆき/著 毎日新聞社 1996年【Nミ】
〇『開園60周年記念だざいふえんフォトグラフ 1957-2017』 だざいふ遊園地 2018年【L689】
〇『おばちゃんたちのいるところ』松田青子/著 中央公論新社 2016年【Nマ】
〇『へたも絵のうち』熊谷守一/著 平凡社 2000年【723.1】
〇『九州・鉄道の旅』栗原隆司/著 海鳥社 2003年【L686.2】
〇『テレビ探偵』小路幸也/著 KADOKAWA 2018年【Nシ】
〇『七瀬ふたたび』筒井康隆/著 新潮社 2002年【SNツ】
〇『象の旅 長崎から江戸へ』石坂昌三/著 新潮社 1992年【210.5】

*それぞれの本の紹介文はこちらをご覧ください!*
『読書会カフェ*秋*2019.11.29「ちょっと昔にタイムスリップ」』